PHOTO

木南晴夏 女子高生時代やアイドル活動時代の水着グラビアで隠れ巨乳っぷりを検証

木南晴夏 女子高生時代やアイドル活動時代の水着グラビアで隠れ巨乳っぷりを検証
木南晴夏 プロフィール
(きなみ はるか)
生年月日:1985年8月9日(32歳)
出身地:大阪府豊中市
血液型:A型
身長:162 cm
スリーサイズ:80(推定C) - 57 80cm
出身高校:兵庫県立宝塚北高等学校 →東京の高校へ転校
出身大学:國學院大學文学部
職業:女優・タレント
活動期間:2002年 -
配偶者:玉木宏(2018年 - )
著名な家族:木南清香(姉)
事務所:ホリプロ

2001年、高校在学中に「夏の高校野球PR女子高生」に選ばれる。同年、『第1回ホリプロNEW STAR AUDITION〜21世紀のリカちゃんはあなた!!〜』でグランプリを獲得する。

2002年から2003年にかけて、酒井彩名、あびる優とアイドルユニット『Licca』として活動。

2004年、『桜咲くまで』で女優デビュー。同年から2005年にかけて出演したバラエティー番組『不幸の法則』(日本テレビ)の再現ドラマで演じた幸子役で広く顔が知られるようになった。

2012年、『家族八景 Nanase, Telepathy Girls' Ballad』(毎日放送)でテレビドラマ初主演。2013年、『百年の時計』で映画初主演。

私生活では、2018年6月29日、8年前に共通の友人を通じて知り合った俳優の玉木宏と6月26日に入籍したことを、双方の公式サイトならびにSNSを通じて発表した。

女優になった当初、主演に憧れてオーディションを受けるも“ヒロインの友達役”という立場での出演が続き、2009年、映画『20世紀少年』でもヒロイン・カンナ(平愛梨)の友達・小泉響子役に抜擢される。

本人は「もう私は一生友達役なんだ」と落ち込み、マネージャーには出演辞退の意向を伝える程だったが、事務所がそれを許さずに出演したところ、「瓜二つ」だと監督や原作者にも評価され、一躍注目を浴びることになる。

このことで「友達役や脇役でも評価されることがあるんだ」ということを改めて認識。以降は仕事をするのが楽しくなったといい、存在感のある演技をするバイプレーヤーとしても欠かせない存在となっている。

相武紗季とは幼稚園の頃から同じミュージカルスクールに通っており、木南の姉・清香と相武の姉・音花ゆりを含め4人は幼馴染である。

[via:https://ja.wikipedia.org/wiki/木南晴夏]

関連記事

このカテゴリの最新記事