PHOTO

【閲覧注意】伊藤英明ハワイでナンパしてのハレンチ乱痴気3Pセックス写真

ハレンチ写真流出 明らかになった性癖

美女2名のお持ち帰りに成功した伊藤は、深夜までビールを飲んでハイテンションになり、いきなり女性の胸にタッチ。

女性が嫌がると「君とヤリたい!」と叫び、女性たちと「ヤラせて」「ヤラせない」の押し問答を続けた。

そのうち伊藤は「何するんだ君たち、やめろよ~」と絶叫しながら、自分で服を脱ぐという奇行に走る。

これで拒否する気持ちを削がれたのか、女性たちは一人が体調の関係もあって口での奉仕だけ、もう一人は合体ということで了承したという。

さらに驚くべきことに、伊藤はプレイ中に『海猿』の役名(大輔)で自分を呼ばせるという奇妙な性癖を露呈。女性たちに「大輔クン、がんばって!」などと励まされながら、めくるめく3Pを楽しんだというのだ。

伊藤といえば、過去には当時合法だったマジックマッシュルームで錯乱して警察沙汰を起こすなど、素行は元々悪く、黒いウワサが絶えない人物としても知られている。

カジノで100億円を散財した大王製紙前会長の井川意高氏やグッドウィル元会長の折口雅博氏ら政財界のクセ者、さらには関東連合OBらとの親密な関係がささやかれてきた。そういった人物たちとともに女遊びに興じていた時期があるという。

「かねてから伊藤は"乱交好き"とウワサされていた。かつて『折口ガールズ』と呼ばれる美女軍団をはべらせていた折口氏に非常に可愛がられ、同氏の自家用ジェットで一緒にハワイに遊びに行き、女性を交えて豪遊したことがあった。そのときも"乱交"があったのではないかといわれていたんです」(前同)

「あまりの"ヤンチャ"ぶりが災いし、彼に恨みを持っている業界人は多い。彼の女グセの悪さに泣かされた女性タレントも多く、散々遊んでおきながら、幸せな結婚で落ち着くという流れに不満の声も上がった。

おそらく、今回の写真はそういった伊藤を快く思っていない人物が『せめてもの一矢』として仕掛けたのでしょう。また、掲載された『フライデー』編集部にも恨まれている可能性がありますね」(前同)

[引用/参照:http://news.livedoor.com/article/detail/9422573/]

関連キーワード

関連記事

このカテゴリの最新記事