OTHER

HEADLINE

FC2ライブで無修正動画を生配信で逮捕された女社長(30)が出演した潮吹き自慰動画が流出

チャットレディー荒稼ぎの丸秘手口とは

インターネットでわいせつな映像をナマ配信したとして、警視庁は公然わいせつ容疑で、チャットルーム運営会社社長、岡田かおり容疑者(30)ら女4人と男1人を逮捕した。

「チャットレディー」と呼ばれる女には18~39歳の学生や主婦もおり、岡田容疑者自らも“出演”、会社は1億円を荒稼ぎしていた。儲けのカラクリを専門家に聞いた。《中略》

FC2のエロライブチャットの仕組みについて、著書「エロい副業」(コアマガジン)があるライターの鳥胸インターネット氏はこう解説する。

「FC2の中で使われるポイントをチャットレディーに支払うことで、有料放送を見ることができる。ポイントは1ポイントにつき1円。1分間で何ポイント取るかは、チャットレディーが自由に決められる。

極端な話、1分間50ポイントに設定し、1000人の視聴者がいた場合は、1分間で5万円が発生することになる」

もっとも、全額が出演者に支払われるわけではない。

「発生したポイント=お金は、まずFC2に支払われ、手数料としてFC2が2割程度を徴収する。FC2とチャットレディーの間には通常、代理店が存在し、さらに約1割が取られるので、本人の手元にわたるのは7割程度だ」という。

チャットレディーについて鳥胸氏は「求人広告を見て応募するほか、友人同士の口コミで広がっていくパターンもある。直接男性に触れるわけではないので、風俗業よりもハードルが低いのだろう」と指摘する。

「視聴者をたくさん集めるにはノウハウが必要だ。チャットレディーはお金を支払う代わりに、魅力的に映る見せ方やしゃべり方を会社から教えられていたはずだ。自宅に家族がいる女性などは、今回のように会社が用意した場所を借りるケースが多い」という。

需要と供給が合致したエロビジネスだが、法を犯すことは許されない。

[via:http://www.zakzak.co.jp/society/domestic/news/20170208/dms1702081530009-n1.htm]

ライブチャット

関連記事

このカテゴリの最新記事