PHOTO

HEADLINE

斉藤由貴【懐かしのアイドル】あまたの男を虜にしたムチエロボディ&魔性のプニマン水着画像

斉藤由貴【懐かしのアイドル】あまたの男を虜にしたムチエロボディ&魔性のプニマン水着画像

斉藤由貴 プロフィール
(さいとう ゆき)
本名:小井 由貴
生年月日:1966年9月10日(50歳)
出生地:神奈川県横浜市
身長:161 cm
血液型:B型
職業:女優・歌手
活動期間:1984年 -
配偶者:一般人男性(1994年 - )
著名な家族:斉藤隆治(弟)芹澤優(姪)
事務所:東宝芸能

1984年、母が応募した第1回東宝シンデレラオーディションにおいて、最終選考まで残ったことで芸能界入り。また同年、少年マガジン(講談社)第3回ミスマガジンでグランプリを獲得。

10月、明星食品「青春という名のラーメン・胸騒ぎチャーシュー」のCMでテレビ初登場。

1985年2月、「時代だって、由貴に染まる。」というキャッチフレーズのもと、キャニオンレコードより「卒業」で歌手デビュー。同曲はオリコンで最高6位を記録し、約35万枚のヒットとなる。

同年4月放送開始のフジテレビ系『スケバン刑事』で連続ドラマ初主演。これにより「卒業」で見せた可憐なイメージとのギャップで瞬く間にトップアイドルへと上り詰める。

1986年、4月からNHK連続テレビ小説『はね駒』のヒロインを演じた。3月に発売した「悲しみよこんにちは」がヒットし約30万の売上を果たしこの曲で、12月に『第37回NHK紅白歌合戦』へ初出場、紅組キャプテンも務めた。

1989年4月、主演テレビドラマ『湘南物語』の主題歌で、井上陽水のカバー曲「夢の中へ」をリリース。自身最大のヒット曲となった。

1990年代以降、女優として映画・テレビ・舞台に出演、詩作活動やナレーターなど幅広く活躍。作詞家としてミュージカルの作詞や、同世代の女性歌手にも作品を提供している。

私生活では、1994年12月に会社員の一般男性と結婚、現在は3児の母となっている。

夫との縁を結んだのは信仰(モルモン教)だとも言われている。1990年代には尾崎豊や川崎麻世との密会不倫が報じられたが、この2人とは結ばれなかった。

[via:https://ja.wikipedia.org/wiki/斉藤由貴]

斉藤由貴「青春という名のラーメン・胸騒ぎチャーシュー」

関連商品

関連記事

このカテゴリの最新記事