PHOTO

HEADLINE

女優・佐藤仁美 若い頃のレアなお宝水着画像!ライザップで減量成功も若さは取り戻せない・・・


佐藤仁美 プロフィール
(さとう ひとみ)
本名:佐藤 仁美
生年月日:1979年10月10日(38歳)
出生地:愛知県春日井市
身長:156 cm
血液型:A型
職業:女優
活動期間:1995年 -
所属事務所:ホリプロ
Twitter:@dontokoi1979102
Instagram:sato.hitomi.19791010

4人姉妹の末っ子として生まれ、小学生のとき両親が離婚。父親に引き取られ、8歳上の長姉を母親代わりに育つ。

中学生の時、NHK名古屋放送局制作『中学生日記』に生徒役(役名本名同一)で出演、これが役者としての原点となる。

1995年、愛知女子高等学校在学中に第20回ホリプロタレントスカウトキャラバンでグランプリを受賞。ちなみにこの時の特別賞は新山千春である。

その後、堀越高校へ転入。堀越高校時代は堂本剛やともさかりえ、山口紗弥加、水樹奈々らと同級生だった。

1996年、ドラマ『イグアナの娘』で主人公の青島リカの親友・三上伸子役を演じ注目を集める。

2000年、バラエティ番組としては初めて、『ジャングルTV 〜タモリの法則〜』のレギュラー出演者となった。

若手の頃は、『イグアナの娘』では菅野美穂、『ウォーターボーイズ』では広末涼子の親友役と、ヒロインの親友役を演じることが多かったが、キャリアを積み女性バイプレイヤーとして個性豊かな役を演じている。

朝ドラの常連でもある。『おひさま』と『ひよっこ』の脚本家の岡田惠和は佐藤のデビュー作『海がきこえる』の脚本家でもあり、『ひよっこ』の高子役は岡田が佐藤のイメージのまま作り上げたキャラクターである。

女優としてだけではなくタレントとしてトーク番組への出演も増えており、主に飲酒時の失態・婚活を話題にすることが多い。

[via:https://ja.wikipedia.org/wiki/佐藤仁美]