PHOTO

HEADLINE

【画像・動画】天才てれびくんの橋本甜歌(てんちむ)が『妹ちょ』でレズプレイ&潮吹きクンニ!

『最近、妹のようすがちょっとおかしいんだが。』

映画「最近、妹のようすがちょっとおかしいんだが。」が5月17日から「池袋シネマ・ロサ」(東京・豊島区)ほかで全国公開される。松沢まり氏の連載中の人気コミックを原作とする、エロかわいくてPOPなラブコメディだ。

物語は高校生の2人が両親の再婚で義理の兄妹となることで始まり、ウブな妹には、兄とのエッチな行動に誘う“幽霊少女”が取り憑いてしまうというストーリー。実写版映画には、オリジナルの結末が用意されている。

同作の注目は妹・美月(みつき)を演じるタレントの橋本甜歌(てんか・20)。子役として6歳から芸能活動を始め、カリスマギャルモデルとしても活躍。

2010年には「てんちむ」名義で、リアルな13歳の感情や、病気のために亡くなった父親への思いなどをつづった「中学生失格」がベストセラーに。映画初主演となる今作では、フルヌードを披露して、エッチな妹へと変わってしまうヒロインを体当たりで演じた。

-出演は迷った?

「もちろんフルヌードに抵抗はありましたが、それ以上に、自分が美月でいいのかなという不安の方が大きかったです。

マンガが実写化することって、最近多いと思いますが、私自身は、マンガファンとして、実は、実写化があまり好きではありません。私の中には、好きなマンガのキャラクターのイメージがあって、実写版を見てショックを受けることもあります」

「『妹ちょ。』の場合、3次元でやったら生々しいなと思いました。美月には、マンガだからこそかわいいというところがあると思います。原作のファンの方もたくさんいらっしゃるわけですし、これを実写化していいのかなと考えました。

ただ、チャンスだし、人に渡すのはやめようと思いました(笑)。映画出演は小学4年生以来なのですが、オファーが来た2日後くらいに、『やります』と返事をしました。フルヌードは、『うわー、何これ?(爆)』って思いましたが、覚悟を決めてやりました!」

-撮影時19歳だったが、10代のきれいな体を作品の中で残せたという達成感はある?

「今は、『見られるのが恥ずかしいなあ』としか思っていません。20年経ってやっと、脱いで良かったと思うのかもしれません。ただ、これを機に新たな何かが出来たらいいなと思っています」

[引用/参照:http://npn.co.jp/article/detail/92975443/]

【関連動画】

【関連商品】

関連記事

このカテゴリの最新記事