PHOTO

HEADLINE

朝ドラのヒロイン波瑠がスカートの中をまさぐられ喘ぎながら男根をしごく衝撃の濡れ場

「あさが来た」の主演に抜擢された、波瑠(24)。NHK朝の連続テレビ小説の主演女優といえば、まさに国民的ヒロインである。

清楚で知的な魅力を持つ彼女は、あの「夏目雅子の再来」という声も上がっているが、13年公開の映画「みなさん、さようなら」で大胆なシーンを演じていた。

波瑠は団地住まいのマセた少女という役柄で、折に触れ、隣に住む同級生(濱田岳)に性の手ほどきをしていく。

濱田の部屋のベッドに隣り合わせに座り、みずから眼鏡を外してキスを。

ムラッとした濱田は波瑠の左胸をパーカーの上からワシづかみにする。

そこで波瑠は「ダメ。ここまで」とジラすひと言。

我慢できない濱田がもう一度揉み込むが、そのままお預けを食らってしまった。

ややあってブレザー姿でベッドに座る波瑠が、濱田と会話を交わしながら胸を揉みしだかれるシーンでは、波瑠も濱田のジーンズの上から股間をサワサワとなでる。

だが、スカートの中に手を差し入れられると「ダメ‥‥ここまで」と、またしても寸止めで終わらせるのだ。

やがてそんな波瑠もとうとう、濱田の「おさわり」を受け入れる。

ベッドで抱き合いながら、波瑠は濱田のジーンズのファスナーを下ろし、モノをまさぐりだした。

興奮した濱田が「入れたい」と懇願。

白いブラウス姿の波瑠は「こういうことしていると動物の部分が刺激されて、相手のこと好きなような気がしちゃうんだよ」と一度は拒否するが、さらに濱田の指が股間を刺激すると、声を押し殺すように口元を手で押さえる。

だが、たまらず「ハァ~ン、アン」と切ないアエギを漏らすのだった。

[引用/参照/全文:http://www.asagei.com/excerpt/43608]


波瑠と倉科カナとのラブシーン♡ 投稿者 06you


みなさん、さようなら [Blu-ray]

関連キーワード

関連記事

このカテゴリの最新記事