PHOTO

速報1位の荻野由佳[NGT48]ってどんな娘?笹団子で擬似フ◯ラ!?水着やレオタード画像も…ロリすぎw

荻野由佳 プロフィール

荻野由佳 プロフィール

(おぎの ゆか)
公式ニックネーム:おぎゆか/ゆか
生年月日:1999年2月16日 (18歳)
出身地:埼玉県越谷市
血液型:A型
身長:160cm
所属:NGT48チームNIIIの副キャプテン
所属事務所:AKS

2011年 AKB48の13期生オーディションに受験する、書類選考で落ち。
2012年 5月13日、AKB48の14期生オーディションに受験するも、不合格
2012年 5月19日、「avex アイドルオーディション2012」の東京予選が通過、だが最終審査は選ばれなかった。
2014年 チーム8の埼玉オーディションも受けたが、落選していた。
2013年1月19日、AKB48の15期生オーディションに再度受験し、仮研究生となる。
2014年9月23日、バイトAKBとしての活動を開始。
バイトAKB時代
2015年2月28日、バイトAKBとしての雇用契約期間満了。
2015年5月10日、「第2回AKB48グループ ドラフト会議」において、NGT48に第2巡目で指名される。
2016年1月10日、正規メンバーへ昇格し、チームNIII所属となる。
2017年1月20日、NGT48のデビューシングルで、表題曲選抜メンバーに初めて選出された。

[via:https://48pedia.org/荻野由佳]

荻野由佳は七転八起の努力家

NGT48荻野由佳(18)が、5月31日に行われた第9回AKB48選抜総選挙(17日開票、沖縄・美らSUNビーチ)速報発表で、1位に入った。

まだ投票開始直後とはいえ、5万5061票を集めて前年女王の指原莉乃(24)らを押さえたシンデレラガールは、何度もオーディションを受けては、粘ってはい上がってきた、グループきっての苦労人だ。

幼い頃から、芸能界入りに乗り気な少女ではなかった。勧める母親に初めてオーディションに連れられたのは、小2の時。「とにかく普通がよくて、嫌々でした」。

そんな荻野が、本気になったのが、AKB48の存在だった。徐々に芸能界へも興味を持ち始め、ダンスも習っている中、友人が踊っていた「ヘビーローテーション」にとりこになり、「AKB48になりたい!」と決意した。

初挑戦は、11年のAKB48の13期生オーディション。書類選考で落ち、12年の14期生オーディションで最終審査まで残るも落選。

諦めきれない荻野は、13年の15期生オーディションに、向井地美音らとともに仮合格し、レッスンを重ねていたが、ついにはメンバーにはなれず。

14年には、各都道府県から代表するメンバーを選出するチーム8の埼玉オーディションも受けたが、落選していた。

転機はその後だった。何度もAKB48のオーディションに挑戦する荻野に、あるAKB関連スタッフが「1度、他のオーディションを受けてみては」とアドバイスしたという。

十数回、別の芸能関係のオーディションを受けた。その過程で「いろいろ研究する中で、やっぱり個性を大事にしなくちゃいけないんだなって気が付いたんです。

それまではかわいい子ぶっていたんですけど、“自分”で臨めるようになったんです」。

14年9月の「バイトAKB」オーディションに合格し、同年末には、NHK紅白歌合戦のリハーサルで、体調不良の先輩メンバーに変わってNHKホールのステージをほんの少しだけ経験もした。

15年5月に開催の「第2回AKB48グループドラフト会議」で、当時発足が発表されたばかりだった、NGT48に2巡目指名されて加入した。

念願の48グループのアイドルになり、加入当初は「今まで落ちてきたのも、NGT48に入るためだったのかなと本当に思います」と言っては、よく泣いていた。

キャッチフレーズは、自らの人生を体現するような「何があってもへこたれない!」。

総選挙をはじめ、楽曲の序列など、競争を求められるグループにおいて、不屈の精神を常に持ち、汗をいっぱいかきながら歌い踊り、握手会も装飾にまでこだわって全力でファンサービス。

48グループのアイドルになれた喜びが常ににじみ出ており、その姿にファンもどんどんひかれていったのだと思う。

それでも、素顔は18歳。今年4月、デビューシングル「青春時計」のプロモーションで日刊スポーツに来社した際、休憩時間にコンビニのアイスをほおばりながら「おいしい~、幸せ~」と屈託なく言う姿に、周りもついつい笑顔にさせてしまう、ほんわかした一面も持っている。

[via:https://www.nikkansports.com/entertainment/akb48/news/1833155.html]

関連記事

このカテゴリの最新記事